神をも巻き込む奇跡のプレゼン 「stay emotionally, stay strategic」

私たちの世代に多大なる影響を与えたスティーブ・ジョブズがなくなりましたね。

悲しむより、むしろ、感謝を申し上げたいです。

かつて、私が「いくべん」にてジョブズを扱った講義を行った祭の講義録を、文章をまとめてくださったふじふじさんの許可を得て、全文掲載いたします。

しかし、ふじふじさんの文才には恐れ入ります。
彼の発行するメルマガをご覧になりたい方はこちらまで。

以下、いきべん講義録より。

**************************

卓越したプレゼンスキルを持っているひとは、
スキル云々以前に、信じる力をもっていると森さんは言います。

それは、自分を信じる力、相手を信じる力、未来を信じる力だ。
信じる力が強いから、相手も信じる、そういうことです。

では実際にスティーブジョブズのスタンフォードのスピーチで、
どのようなことを喋っていたか考察してみます。


「だから退学を決めた。全てのことはうまく行くと信じてね。」


「バラバラの点であっても将来それが何らかのかたちで
必ず繋がっていくと信じなくてはならない。
自分の根性、運命、人生、カルマ…何でもいい、とにかく信じること。」


「そう信じることで君たちは確信を持って己の心の赴くまま生きていくことができる。」


「信じることで全てのことは、間違いなく変わるんです。」


「私はまだ自分のやった仕事が好きでした。
アップルでのイザコザはその気持ちをいささかも変えなかった。
振られても、まだ好きなんですね。」


「信念を放り投げちゃいけない。私が挫けずにやってこれたのはただ一つ、
自分のやっている仕事が好きだという、その気持ちがあったからです。
皆さんも自分がやって好きなことを見つけなきゃいけない。」


「自分が本当に心の底から満足を得たいなら進む道はただ一つ、
自分が素晴しいと信じる仕事をやる、それしかない。


「素晴らしい仕事をしたいと思うなら進むべき道はただ一つ、
好きなことを仕事にすることなんですね。」


「心の問題と一緒でそういうのは見つかるとすぐピンとくるものだし、
素晴らしい恋愛と同じで年を重ねるごとにどんどんどんどん良くなっていく。」

10
「君たちはもう素っ裸なんです。自分の心の赴くまま生きてならない理由など、何一つない。」

11
「君たちの時間は限られている。だから他の誰かの人生を生きて無駄にする暇なんかない。」

12
「その他大勢の意見の雑音に自分の内なる声、心、直感を掻き消されないことです。」

13
「どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、
もうとっくの昔に知っているんだ。だからそれ以外のことは全て、二の次でいい。」

このように13分あまりのスピーチの間に、同じようなことを
表現を変えて、1分に1度は、信じる態度を示しています。

また、心をつかむスピーチの裏には、卓越な比喩表現がつかわれています。
あなたが、感動するスピーチに出くわした時、
なかなか自分では考えつかない言い回しに意識すれば、
自分自身もそういう表現ができるようになるでしょう。


「ウィンドウズはマックの単なるパクりに過ぎないので、
パソコン全体で見回してもそうした機能を備えたパソコンは
地上に1台として存在しなかったことになります。」


「もし私がドロップアウト(退学)していなかったら、
あのカリグラフィのクラスにはドロップイン(寄り道)していなかった。」


「自分のせいで前の世代から受け継いだ起業家たちの業績が地に落ちた、
自分は自分に渡されたバトンを落としてしまったんだ、そう感じました。」


「成功者であることの重み、それがビギナーであることの軽さに代わった。」


「そりゃひどい味の薬でしたよ。でも患者にはそれが必要なんだろうね。
人生には時としてレンガで頭をぶん殴られるようなひどいことも起こるものなのです。」


「何故と言うなら、死はおそらく生が生んだ唯一無比の、最高の発明品だからです。」


「それはまるでグーグルが出る35年前の時代に遡って出された
グーグルのペーパーバック版とも言うべきもので、理想に輝き、
使えるツールと偉大な概念がそれこそページの端から溢れ返っている、そんな印刷物でした。」

「バトンを落としてしまった。」という表現を選ぶジョブズ。
彼自身こそが自分ひとりで成し遂げたんじゃないということをわかっており、
それを、比喩でこっそり表現しています。

言葉の選び方がすでに、自分を信じ、相手を信じ、未来につないでいるのです。

さて、鑑賞したあとは、さらに科学的アプローチをしてみます。

ジョブズのプレゼンと合気道には共通点があると森さんは指摘します。

それは、

1.相手を尊重する
2.相手を導く

の繰り返しであるということ。
全ては基本に忠実なのです。

格闘技の神様と呼ばれた男、合気道の塩田剛三は、
この世で一番強い技は何ですかという質問にこう答えました。

「自分を殺しに来た相手と友達になることさ」と。

プレゼンは、「目的の行動を相手にさせる手段」でありますが、
自分にとって都合のいいものではありません。
相手にとってよいもの、つまり贈り物であることです。

そのときに有効なのが、ストーリーをつかって、
感情をゆさぶり、人を動かすということ。
自分の身の上話が勝手に自分におきかえて解釈されてしまうのです。

ヒーローズジャーニーと呼ばれるヒット映画でも活用される
黄金の鉄則があります。

それは、

1.旅たち
2.困難
3.帰還

の3つで構成されたストーリーであること。

スタンフォードの演説では、

1.点をつなげる
2.愛と喪失
3.死

に対応させています。

また、今回の演説で面白いのは、
「点をつなげる」というお話が、
そのチャプターで終わっておらず、
最後に、点でつながっているというところです。

何につながっているのかといえば、
それはとりもなおさず、「Stay hungry」のところ。

ジョブズは、空き瓶を拾って、寺院の施しで空腹を満たすために、
毎日何マイルも歩いた貧乏学生の話をしてます。
それは、最後のこのフレーズにつなぐための布石なのです。

なぜ、こんなに芸の細かいことを彼はするのか?

では脳科学的なアプローチをしてみます。

人間の脳は空白をうめたがるということを、ゲシュタルト効果と呼びます。
一部分がかけたら、脳で全体像を勝手に創造してしまうのです。

これをうまくプレゼンにつかわれるのが、ネストループです。

Aの序論があり、Aの結論に行く前に、
Bの序論をはじめ、Bの結論に行く前に、
Cのお話をして、Bの結論、Aの結論にいくという、
後回しの論理構造を持たせると、
聴講者は意識が活性化して、最後まで聴こうとするのです。

まるでサスペンスドラマが最後まで視聴者を引込み、
最後にそういうことだったのかと合点があう、あの感じです。

スタンフォードの演説では、最後のあのフレーズで落とすために、
ネストの帰結部分がずっと放置されていたのです。

また、ジョブズは「質問」という形で、
「空白をうめる」という特性をうまく使っている利用しています。

1.なんで大学をやめたかって?
2.なんで自分で作った会社からクビにされるの?
3.もし人生最後の日だとしたら、今日やることは本当にやりたいだろうか?

疑問形で投げかけることにより聴衆は無意識に答えを求めようとします。
それも、投げかけた本人のスピーチから。

さらに、ジョブズは「くりかえし」と「インパクト」をうまく使います。
なぜなら、脳が学習するのはこの2つのでしかないことを知っているからです。

最初にもあげました13個の文章は、
「内なる声をきけ」ということのくりかえしです。

最後の帰結文である、「Stay hungry, Stay foolish」は
ご丁寧に3回も言っています。

インパクトは言うまでもありません。
例にあげた7つの比喩表現も卓越していることながら、
ここではハロー効果があります。

それは、「特定の評価に他の評価の影響をうける」という現象です。
芸能人がすすめるから、つい買っちゃいたくなるのもこの現象です。

ハロー効果をあなたが得たいのであれば、
あなたの生き様をきっちり伝えるか、
自分以外の誰かを例にとって、信用される場面を作り上げるかです。

ジョブズはこのスピーチを成立させるために、
いままの功績もまた念頭に入れて組み込んでいます。
どん底の話が深くなったところで、ピクサー成功話をちょろっと出した途端に、
聴衆の拍手が起こるというのはこういうことです。

最後の科学的アプローチは、サブリミナル効果です。
あなたの脳は1つのことにフォーカスしてしまいますが、
実は、無意識にマルチタスクで、情報をインプットし続けています。

後から読めば、こことあそこがつながっているよなと気づくような
細かい伏線を張っているのは、その人がその場でわかることを意図しているのではなく、
脳の無意識にすりこんでいるのです。

Stay hungryのくだりは、ジョブズの学生時代のお話です。
なぜ、学生時代に戻すのでしょうか?

スピーチの最初に言ったことを思い出すと、「ありがとう」のあとに、
世界有数の名門大学の卒業式にいることが光栄だと言っております。

「俺は大学なんかドロップアウトして来たんだよ。
いい大学を出てるからっていい気になるなよ。もっとバカになれよ。」
とは、言いませんでした。

ここでこんな話をしたらどうでしょう?

「俺はペプシから社長を呼んだときに、このまま砂糖水を売り続けるのかって言ったよ」
「IBMの奴がさあ、長い契約書送ってきたからゴミ箱に捨てちゃったよ」
「ジョージルーカスの希望の3分1に買いたたくのなんて朝飯前だったよ。」
「俺はディズニーの契約期間が残っているのに破棄したんだよ。」
「ハリウッドにくらべちゃあ音楽レーベルはちょろかったなあ。」
「俺がケータイからボタンを全部ぬいたら、日本の奴らも真似しちゃってさ。」

フーリッシュになれというならば、
実際にジョブズが行ったフーリッシュの数々を持ち出したいところです。
しかし、そんな話は一切しませんでした。

なぜなら、スタンフォードの学生への敬意があるからです。
本音が理解されることを信じて、あえて場に合わない言動をしなかったのです。

最後は数十年前の学生に戻り、先輩として後輩に言葉をささげています。
そのくだりを読んでこの論文も終わりにしたいと思います。

==

写真の下にはこんな言葉が書かれていました。
「Stay hungry, stayfoolish.」

それが断筆する彼らが最後に残した、お別れのメッセージでした。
「Stay hungry, stay foolish.」

それからというもの私は常に自分自身そうありたいと願い続けてきた。
そして今、卒業して新たな人生に踏み出す君たちに、それを願って止みません。

「Stay hungry, stay foolish.」

ご清聴ありがとうございました。

 

息抜きと毒抜き

前回の投稿では少し毒を吐いたので、今回はその埋め合わせ(?)で美しい風景を。

いずれの作品も、是非、フルスクリーンで御覧ください。

それぞれの画面の右下の方にある「HD」と書かれた文字の右隣の矢印が4つ合わさったようなアイコンがフルスクリーンのボタンです。

できれば真っ暗な部屋で一人、それもプロジェクターにでも投影してみたいものです。

その1:ヘンリー・ジョン・ワーリー作

その2:ダスティン・ファレルさん作

地球に生まれてよかったな〜と思います。

この素晴らしい星を何世代も先まで残すために、今、自分に出来ることはなんでしょうかね?

 

コーチングスクールの大罪

私は、コーチの肩書きを持つ人を少なくとも200人以上知っています。

しかし、そのほとんどがプロとしてコーチングで生計を立ることができていません。

さらに言えば、プロコーチとして生計を立てていると主張している人の大半は、実際にはセミナーや研修、講演会や書籍の出版などで稼いでいます。

つまり「コーチングセッション」で十分な稼ぎを得ている人は、日本にほんの一握りしかいないのが事実でしょう。

ところが、コーチング産業はにわかに賑わっています。

その理由の最たるものは、コーチングスクールの存在です。

彼らのビジネスモデルは、ライセンス発行ビジネスです。

つまり「コーチになって稼ぎましょう」を合言葉にコーチを育てることで儲けを出しています。

極論を言ってしまえば、卒業生がコーチとして活躍できようができまいが、コーチングスクールのブランドが維持されていれば関係ないのです。

もちろん、ブランドを維持するには、卒業生の一部が実際に活躍する必要があるでしょう。

でも、そんなのは卒業生の中の、ほんの数名で十分なのです。

その数名をちらつかせて「あなたもこんな風に成れます!」と勘違いさせてスクールに通わせる。

それがコーチングスクールの実態です。

ところが、事態はさらに複雑です。

ほとんどのコーチングスクールが、事業拡大の為の仕組みを持っています。

一般にトレーナーと言われる存在です。

コーチとして生計が成り立たない代わりに、今度はトレーナーをちらつかせます。

「トレーナーになって稼ぎましょう!」

それを武器に、受講生にさらなる受講料を突きつけます。

その結果、どうなるか?

優秀な、いえ、スクールにとって好都合な、つまり、より多くの生徒を集めることが出来るだけのコマが揃うわけです。

この繰り返しが、今のコーチングスクールの反映をもたらしていると言っても過言ではないでしょう。

もちろん、全てのコーチングスクールとは言いません。

ただ、あまりにもこの構造が目立つ業者が多いのも事実です。

そもそも、人の人生や、時には生命にまでも影響を及ぼすほどのコーチングが、それほど簡単にマスターできるなど、ありえない話ではないでしょうか。

どこの世界に「座って何時間か講義を聞けばプロ野球選手に成れます」と言ったスクールが存在するでしょうか?

あるいは、あなたは、わずか数十時間の講義を聞いただけの医者の手術を受けたいと思いますか?

なぜコーチなら許されるのでしょうか?

正直、コーチングを馬鹿にしているとしか思えません。

当然、コーチングスクール側は私の意見に反論するでしょう。

「うちのスクールは講義だけではなく、実際のセション時間数によって判断している。」

はい。時間ですか?

時間さえかければ、誰でもプロ野球選手になれると主張されるのでしょうか?

おかしな話だと思います。

もしくは「コーチングはプロ野球選手と違って、誰でも訓練でプロになる」とお考えかも知れません。

我が師匠、アンソニー・ロビンズの言葉を借りれば、コーチングには2つの軸があります。

1:達成の科学

2:充実のアート

1の科学は体系化されているので誰でもマスターできるでしょう。

問題は2番です。誰でも練習さえすれば一流のアーティストになれるとは限らないのです。センスや環境など、様々な要因が必要となるでしょう。

ところが、コーチングの世界ではこれらのことが全く無視されています。

もちろん、野球をプレーする誰もがプロを目指す必要もプロである必要もありません。

ただの楽しみのために野球をしてもいいのです。

健康のために少年野球チームに入ってもいいのです。

その意味では、誰もが気軽にコーチングを学べる環境を作るのは素晴らしいことだと思います。

ただし、プロコーチは話が別です。

そんなことはお構いなしに玉石混交の状態でコーチが活動しているので、問題が起こっています。

実際に「コーチングを受けても効果がなかった」とか「コーチは胡散くさい」といった評判を頻繁に耳にします。

もっと命がけで本気でコーチングに取り組んでいるコーチが増えることを心から願っています。

もちろん、私はその一人としてこれからも活動していきます。

 

クオリティ・オブ・ライフを考える4

2006年、イギリスで130万ポンド(当時のレートで約2.6億円)を当てた一人の青年がいます。

彼の名はLuke Pittard。マクドナルドで働く、ごく普通の青年でした。

7つの領域

ところが、宝くじに当選して、当時23歳の若さで大金を手にすることに成りました。

1年半は遊んで暮らしたそうです。もちろん、バイトはすぐに辞めました。

新しい家を買い、バイト仲間の彼女と豪華な結婚式をして、南の島でのバカンスも楽しみました。

ところが、1年半たった有る日、ふと「今の自分は無職であり、それと同時に大切な仲間との時間を失っている!」と気づきます。

彼はマクドナルドでの仕事仲間が大好きで今でも友達でいるそうです。

そこで彼は古巣のマクドナルドに再就職したいと申し出ました。

そして「僕はミリオネアになる前はマクドナルドで働くことだ大好きでした。またこうして(仲間と一緒に)働けることをとても楽しみにしています」

と語っています。

彼は7つの領域の3番目と4番目の意味に気づいたのですね。

あなたにとって卓越した人生とは、誰とどのような時間を過ごすことですか?

元ネタ

 

クオリティ・オブ・ライフを考える3

2009年1月7日、ドイツの事業家アドルフ・メルクル氏が列車に飛び人で自殺するという悲劇が起こりました。

ロイター通信によると、金融危機での業績悪化によるストレスが主な原因だそうです。

これだけ聞くと「ああ、社長さんが経営に失敗して借金苦で自殺したのか〜」と思いますが、死んだ時の彼の資産は日本円に換算して、8000億円以上あったそうです。

リーマンショックに始まる一連の金融危機の中、彼の資産はみるみる減って行ったとされています。

そのことで死を決断したのでしょうか?

アンソニー・ロビンズによると、人が死を選ぶのには2つの理由があるそうです。

1番目が「I am not loved,,,」つまり自分は愛されていないという思い込みです。
一番大切な人から愛されていないという思い込みや、時には誰からも愛されていないと感じたとき、人は死を考えるそうです。

2番目が「I am not enough,,,」つまり自分は十分ではないという思い込みです。
この状況を変えていく十分な力がないという思い込みや、時には生きているに値しないという思い込みです。

恐らく、メルクル死が死を選んだのは、自分は業績を改善することができないという思い込みが原因ではないでしょうか。

私が思うに、彼は誰もが羨む億万長者です。

しかし、その実は、非常に孤独な人だったのではないでしょうか。

かつて、卓越した人生を生きるための7つの領域についてお話ししました。

7つの領域

その際に、下から順番に積み上げることが大切だとお話ししました。

ところが、体を酷使して、ストレスを抱えながら、人間関係を希薄にしてまで仕事とお金を追求した人のピラミッドはこんな風になるのではないでしょうか?

7つの領域

何かあれば、すぐに崩れてしまいそうなピラミッドですね。

きっと、メルクル氏のピラミッドもこんな形だったのでは。

あなたの人生のピラミッドはどのような形ですか?

 

卓越した人生の為の 7つの領域

最高に幸せな人生を生きようと思えば、以下の7つの領域の全てを向上させて行こうとする確固たる信念が必要になります。

7つの領域

上記の7つの領域は全て重要ですが、最高の結果を得ると同時に心から満足する為にはこれらの順番にも注意が必要です。

例えば、あなたが肉体に対しては全くコントロールが出来ていない状態だとしましょう。つまり健康でエネルギッシュな肉体を持たないとしたら、お金を稼ぐことも、成功を手に入れる事も、社会に貢献する事も出来なくなるでしょう。なぜなら肉体無しにそれらをつくり出す事は出来ないからです。

また、もしもあなたが人間関係を良くしたいと願っていても、感情をコントロールすることが出来なければ悲惨な結果を招くでしょう。感情や 物事の意味付けコントロール出来なければ、周りの出来事に翻弄される人生になってしまうのです。感情をしっかりとコントロール出来るようになれば、人生に前向きになる事もできます。

同じように、人生において何にフォーカスしてどのように時間を使って行くかをしっかりと決めなければ仕事で成功する事は出来ません。

仕事に対していかに価値を持たせるかに氣づけば、富への扉が開かれます。

精神的な向上や喜びや貢献と言った能力は最も最後に磨かれます。正しい行いもなしにスピリチュアルな成長等、手に入れる事はできないのです。

なお、これらはピラミッドのように下から順番に積み上げられています。

ただし、階層の違うものに同時に取り組む事が出来ないとは言っていません。

しかし、これらの7つの領域がピラミッド状の構造をしている事を常に意識している事が大切です。

そこでライフコーチは、経済状況を変えたい場合や人間関係を良くしたい場合も、より下の階層からアプローチする事がしばしば有ります。

アンソニー・ロビンズやその手法を受け継ぐ私が卓越したコーチング結果を残し続けている理由でもあります。

 

ゲシュタルトの祈り

今日は、アンソニー・ロビンズをはじめとする多くのコーチングの源流にも多大な影響を与えたと思われる精神学者、フレデリック・パールズの詩をご紹介します。

彼はゲシュタルト療法の創始者でもあり、ワークショップの最後にこの詩を読むのを好んだといいます。

何度読んでも心に深く響く詩です。

みなさんはどう思われますか?

私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。
私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。
私は私。あなたはあなた。
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

 

クオリティ・オブ・ライフを考える2

アンソニー・ロビンズは「運命を決めるのは、環境ではなく、決断だ」と言っています。

その意味では、クオリティ・オブ・ライフも、今その人がどのような状況に置かれているかによって決めるのではなく、その人の考え方や行動も含めて評価する必要があるのかもしれません。

今、過酷な生活環境を乗り越えて、自らの才能を開花させた一人の青年に世界の注目が集まっています。

彼の名はチェ・ソンボン。22歳の韓国の青年です。

彼は「普通の人と同じような生活をしたい」と言います。

事実、彼は困難を極めるような環境で育ちました。

3歳で親に捨てられて孤児になった後、一度は孤児院に入れられますが、イジメに耐え切れずに5歳の時に逃亡。その後は、路上や公衆トイレで寝泊まりしながら、ガムや栄養ドリンクを売りながらずっと1人で生きてきました。

そんな彼の人生を変えたのがガムを売るために立ち寄ったナイトクラブ。華やかな場所で歌う歌手に魅了された彼は「いつか自分も歌手になりたい」と思うように。

しかしお金も学歴もない彼は歌のレッスンを受けることもできずに、見よう見まねで一人練習を重ねます。

そんな彼がつかんだスター発掘番組のステージ。

「歌は上手くないけど、歌っている間は別の人になれたような気がするから歌うことが好きなんです。」と控えめに語る、一見、大人しそうな肉体労働者のチェ青年。

誰もが哀れみの目で見る中、彼が歌い始めると、、、

YouTube Preview Image

私は与えられた才能を開花させることで人や社会に貢献することが優れた生き方だと信じています。

あなたはどのように感じましたか?

 

クオリティ・オブ・ライフを考える1

画像

すでにクオリティ・オブ・ライフとは何かについて、ある程度の考え方は示しました。(詳しくはこちらをどうぞ)

そこで、さらに深く考えて行くために今回はタイの保険会社のCMを見てみましょう。

軽快なギターのリズムに乗せて、非常に心を打つメッセージが投げられます。

人生、何が正しいのかは誰にも判断できませんが、私たちが見失っている大切なものに気付かされる気がします。

YouTube Preview Image

簡単に日本語訳をつけておきます。(間違っていたらごめんなさい)

ナレータ:「あなたは自分自身に尋ねたことはあるだろうか、、、”価値ある人生”とは何か?」

ナレーター:「この女性、名前はToi、貧しく、、、そして夫に捨てられた」

ナレーター:「この子はKitty、、、一家離散」

ナレーター:「この子はMack、ポリオ」

ナレーター:「この子はToe、泥棒」

ナレーター:「この子たちは、みな、同じ母を持つ」

ナレーター:「その女性の名前はMae Toi(母なるToi)。彼らの育ての親だ」

(みんなで海に行く)

ナレーター:「Mae Toiはガンに苦しんでいる。せいぜい持ってあと2年の命」

ナレーター:「でも、彼女は言う。”私はとてもラッキーだ。あと2年もあれば色んなことができる!”」

ナレーター:「彼女は子供たちにこう伝えている。”人生で大切なのは、お金持ちになることでも、名声を得ることでも、長生きすることでもない。あなたが価値ある人物になることが重要だ。そして周りの人も価値ある人物にすることが大切だ”」

 

 

 

あなたがコーチをつける7つの理由

私、森大河はライフコーチを生業としていますが、多くの人から「よくそんな事が仕事になりますね」と驚かれます。

これは「ライフコーチ」に対する驚きというよりは、コーチング全般に対しての評価の低さだと受け取れます。

しかし、私にすれば「よくコーチをつけないで頑張ってますね。きっと思い通りの結果が出にくいでしょうに」と言いたくなります。

スポーツをするにしても仕事をするにしても、一から誰の教え受けずに一人でやっているのと、誰か優秀な指導者やコーチが付いているのではどちらが上達が早いと思いますか?

なぜ、スポーツやビジネスでは当たり前だと思えることが「人生」となるとたちまち当たり前でなくなるのでしょうか?

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ (ビスマルク)

コーチをつけるのは、他者の経験を効率よく取り込んで自分の成長につなげるためです。

現に、私のコーチングを受けている方々は、コーチングを受ける前と後では人生が大きく変わっている方が大半です。恐らく、いや、間違いなく一人ではこれほどの変化ができなかったことでしょう。

では、コーチをつけると実際には何が起こるのでしょうか?

ここでは、あなたがコーチをつける7つのメリットについてお知らせします。

ただし、これからお伝えするのは、単純に「売上があがります」や「競技成績があがります」といった「表面上のメリット」ではありません。

あなたがコーチをつけたくなる表面上の理由としては、上記の他に次のようなものが挙げられるでしょう。

  1. もっとコミュニケーション能力を上げたい
  2. もっと問題解決能力をつけたい
  3. もっと行動力をつけたい
  4. もっと決断力をつけたい
  5. もっとストレスを軽減したい
  6. もっと自由な時間がほしい
  7. 信頼できる相談相手がほしい

もちろん、これらはとても重要なことですが、それだけであれば、コーチを雇わなくてもコンサルタントやトレーナー、またはその他の研修会社でも良いかもしれません。

また、「幸せになる」や「成功する」などといった漠然としているものの「魅力的なキーワード」で多くの人を引きつけているセミナーや書籍もあるようですが、それらを通じて本当に「幸せ」や「成功」を手にした人はどの程度いるのでしょうか?

私が観る限り、決して多くの人は手にできていないようです。

なぜでしょうか?

理由はたくさんあるのでしょうが、ひとつは、表面上の成果を求めれば求めるほど、本当の満足からは遠ざかるというパラドックスが存在するのです。

例えば、富と名声を得ようと動けば動くほど、健康や人間関係を悪化させて、トータルでの心の満足度が下がるケースをよく目にします。

では、どうすればそのような事態を防げるのでしょうか?

私のような特殊な訓練を受けたライフコーチにしか提供できない価値があるのです。

なお、あなたが社会人であれ学生であれ、経営者であれアスリートであれ、何かしらもっと良くなりたいという願望があれば、以下の7つのメリットのいずれかが当てハマるはずです。

【コーチをつける7つの理由】

  1. 思い込みからの脱却(スコトーマを外す)
  2. 可能性に気づかせる
  3. やる気のスイッチを入れる
  4. 計画をたてる
  5. 行動を評価する
  6. 味方になる
  7. 決断を早める

これだけではそれの何がいいのか、つまりどのように自分にメリットが有るのかがはっきりとは分かりませんよね。

次にそれぞれの詳細についてみていきます。