クオリティ・オブ・ライフを考える2

アンソニー・ロビンズは「運命を決めるのは、環境ではなく、決断だ」と言っています。

その意味では、クオリティ・オブ・ライフも、今その人がどのような状況に置かれているかによって決めるのではなく、その人の考え方や行動も含めて評価する必要があるのかもしれません。

今、過酷な生活環境を乗り越えて、自らの才能を開花させた一人の青年に世界の注目が集まっています。

彼の名はチェ・ソンボン。22歳の韓国の青年です。

彼は「普通の人と同じような生活をしたい」と言います。

事実、彼は困難を極めるような環境で育ちました。

3歳で親に捨てられて孤児になった後、一度は孤児院に入れられますが、イジメに耐え切れずに5歳の時に逃亡。その後は、路上や公衆トイレで寝泊まりしながら、ガムや栄養ドリンクを売りながらずっと1人で生きてきました。

そんな彼の人生を変えたのがガムを売るために立ち寄ったナイトクラブ。華やかな場所で歌う歌手に魅了された彼は「いつか自分も歌手になりたい」と思うように。

しかしお金も学歴もない彼は歌のレッスンを受けることもできずに、見よう見まねで一人練習を重ねます。

そんな彼がつかんだスター発掘番組のステージ。

「歌は上手くないけど、歌っている間は別の人になれたような気がするから歌うことが好きなんです。」と控えめに語る、一見、大人しそうな肉体労働者のチェ青年。

誰もが哀れみの目で見る中、彼が歌い始めると、、、

YouTube Preview Image

私は与えられた才能を開花させることで人や社会に貢献することが優れた生き方だと信じています。

あなたはどのように感じましたか?

 

コメントを残す