ゲシュタルトの祈り

今日は、アンソニー・ロビンズをはじめとする多くのコーチングの源流にも多大な影響を与えたと思われる精神学者、フレデリック・パールズの詩をご紹介します。

彼はゲシュタルト療法の創始者でもあり、ワークショップの最後にこの詩を読むのを好んだといいます。

何度読んでも心に深く響く詩です。

みなさんはどう思われますか?

私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。
私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。
私は私。あなたはあなた。
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

 

コメントは受け付けていません。